「 黒人に強姦された美熟妻たち!」外人に犯され凌辱された妻。体験談風

人妻女体拷問! 黒人に強姦された美熟妻たち!!妄想体験談風

注意
物語は完全に安川の妄想です、紹介風に書いていますが動画作品とは全く関係ありません。

街の中心部まで電車で20分、ここは高度成長期時代に開かれたニュータウン。最近は高齢化のためか空き家も目立つようになり、ひと昔前では考えられないような条件で中古とはいえマイホームを購入。

私は42歳、妻37歳、結婚8年目の夫婦。

ここに住んで約3年、分譲されて40年以上になるニュータウンだけに、隣近所は高齢世帯がほとんど。若い部類にはいる私たち夫婦はよくも悪くも目立つ存在だったりするが、地域の若手として皆に優しく受け入れられ、平凡ながらも幸せに暮らしていた。

そんな平凡な夫婦二人。今日は日曜日、休日の日課である公園でのウォーキングを終え家に帰る途中、道路に2人の外国人を見かけた。恐らく旅行者だろう。

ベッドタウンの静かな住宅地、外国人の観光客が来るような場所ではなく、引っ越してきた当初は見かけることはなかった。しかし去年くらいからだろうか、住宅地の中で外国人をよく見かけるようになってきた。

よく言う民泊というやつだ。

外国人旅行者たち

見渡す限り戸建ての住宅が立ち並ぶ、よくあるニュータウンといわれる閑静な住宅地だったのだが、時が過ぎ、空き地が増え、いつの間にかワンルームのアパートも増えていった。

そんなアパートもこの人口減少の時代、空室が目立つようになり、最近流行りのネットで予約できる民泊施設にはやがわり。アパートによってはオーナーが外国人になってるものもあるとか。

いずれにしても、この年老いた静かなニュータウンに外国人旅行者という新しい住人が生活するようになった。目の前の連中もそんな外国人旅行者なのだろう。

私たち夫婦が通り過ぎようとすると、ニコニコしながらこちらを見て声をかけてきた。おそらく挨拶だろうと思い、軽く会釈して脇を通り抜ける。それを見送る二人の外人、妻の体を足元から顔まで舐めるようにみると嫌らしい笑みを浮かべていた。

なんだか嫌な奴らだ、言葉も通じないしトラブルも増えているという。あまり関わり合いにならないでおこうと、顔を伏せて急ぎ足で通り過ぎる。すれ違う時に妻を見ていた外国人の表情がどうしても気になり、家に向かう足も速くなる。妻の方を見ると同じように感じたのか、困ったような表情をいていた。

家に帰りつくと妻も私もホッとしたのか、最近は見知らぬ外国人が増えてあまりいい気持がしない。何か起きないか心配だと話しあい、とりあえずシャワーを浴びて寛ぐことにする。妻はココから夕食の準備、毎日の事とはいえ頭が下がる。

妻が先にシャワールームへ、私はソファーに腰掛けスマホを手に取りニュースのチェック。妻が出てきたので、続いてシャワーに向かおうとしたその時

ピンポーン

インターホンが鳴った。

誰か来たのかと玄関へ向かい、ドアを開けようとすると外から力強く引っ張られる。予想外の事に掴んだドアノブを手放すことも出来ず、勢い余って外に出とびだしてしまう。その瞬間

ガツッ

なっ、殴られたのか?激しい衝撃と共にジーンと込み上げてくる熱、目の前に火花が散る。すると続けざまに腹に衝撃。ゲフッ。

前かがみになった所へ後頭部になにか叩きつけられたような衝撃を受け意識が遠のいていく…

外人に犯される妻

さて、何ものかに襲撃され意識を失った旦那様。押し入ってきたのは先ほど外で見かけた外国人旅行者、一人がインターホンを押してもう一人がドアの前で待ち構える。玄関ドアは外開きなので、中からドアを開けようとした瞬間に一人がドアノブを思い切り引っ張り、中から出てきた旦那を殴って気絶させた。

二人組はそのまま家の中へ、リビングにはちょうどシャワーを終えて部屋着を着ている奥様。もちろん押し入った目的など一つしかなく、二人の猛獣が襲い掛かる。

恐怖のあまり声をあげることも出来ず押し倒され、履いたばかりのパンツをはぎ取られる。オマンコを舐めまわされ、必死で抵抗するも押し入って来た外国人は屈強な黒人二人組。敵うはずもなく唾で濡らした巨大なペニスでいきなり貫かれる。

黒人強姦妻1

サンプルイメージ画像

ウグッ、ヴヴヴヴ

濡れてないオマンコに日本人では考えられない巨大なペニスを強引にねじ込まれる。激痛に顔を歪める奥様。しかし体は自信を守るための反応、やがて蜜があふれ出しピチャピチャという音が混ざり始める。

ヴッヴッヴッヴッヴ

腰を叩きつけられるリズムに合わせて漏れるうめき声。

抵抗する気力を失いされるがまま。それを見た男は服を脱がせ、自分の一物を顔先に突き付ける。しゃぶれ…と

黒人強姦妻2

サンプルイメージ画像

口を一杯に開けて頬張る奥様。大きい、大きすぎる。主人の倍、いや体積だとそんなもんじゃない。

そのまま四つん這いにされ、再び後ろから侵入してくる巨大な熱い棒のようなペニス。巨大な一物に前後から挟まれ、激しく体を揺すられる。

黒人強姦妻3

サンプルイメージ画像

二人の黒人の責めはあまりにも激しく、最初は苦痛に呻いていた奥様。しかしそこは成熟し、男を十分に知った女の体。やがて味わったことのない強烈な快楽が押し寄せて来る。

「こわい、壊れる、助けてあなた~!キャーーーー」

一度堕ちればされるがまま、抗えない自らの体を恥じながらも快楽に身をゆだね夢中で巨大なペニスを貪る。

黒人強姦妻4

サンプルイメージ画像

ふと目が覚める。殴られた顔と後頭部がジンジンする。いったい何が…そうだ、妻は。

立ち上がろうとするが手足が動かない、手と足、そして口にテープが巻いてある。くそっ、妻は、助けに行かねば、必死にもがくがどうすることも出来ない。

奥のリビングからはパンパンという音と、男の声に交じって女の呻きのような喘ぎのような声。事態を察した私は必至で手足の自由を取り戻そうとするも、ビクともしない。リビングからは下品な笑い声と、妻の叫び声。その叫び声は女の喜びの声。私とのセックスではここまで大きな声を出すことはない、嫉妬と屈辱と…興奮と。

それからどれくらい経っただろうか、男たちが笑いながらこちらへ向かってきた。目を覚ましている私を見て何か言っていたが、全く言葉が分からない。英語ではないようだ。

そのまま玄関から外へ出ていくのを、見送る事しかできない私。妻は、妻は無事なのか。

しばらくして妻が私を探しにやって来た。疲れ果てたような、憔悴しきった表情。だまって私の手足を縛っていたテープをはがし、そのまま泣き崩れた。

あなた、ごめんなさい。

何に対する謝罪だったのか、謝罪すべきは妻を守ることができなかった私なのに。しかも、妻の嬌声を聞きながら興奮までしていたのだ。

そのまま黙って妻を風呂へと連れていき、隅々まで洗ってやった。

そしてその夜、私は妻を求めた。今まで感じた事の無い、まるで青春時代に帰ったような肉体の滾りを感じ貪るように妻へ欲望を叩きつけた。妻も今まで見たことも無い乱れ方にそれに応え、付き合っていたころのような激しいセックス。

私は責めに責め、妻から黒人のペニスはどうだったか感想を言わせた。最初は怖くて、痛くて…しかし今まで届いたことのない奥まで突き上げられ、ありえないほど広げられ、凄まじい力強さで犯され、完全に体が屈服させられたそうだ。そこからは頭が真っ白になるまで犯されたという。嫉妬と興奮、私は朝まで妻を犯し続けた…

終わり

最後に

このお話は全くのフィクションであり、この記事で紹介している動画作品とも全く関係ないので注意。完全な安川の妄想、適当に黒人ものの動画を探してきて勝手にストーリーを付けただけ。

けどさ、やっぱエロシーンを眺めるだけより、ストーリーを頭で妄想して脳内でミックスしたほうが興奮するんだわ。全く違う話だけど、セックスシーンを妄想ストーリーで脳内変換して楽しむ。これぞ変態オヤジの楽しみ方。

妄想のネタになったのはこの作品。

人妻女体拷問! 黒人に強姦された美熟妻たち!! 村上涼子 浅井舞香

黒人強姦妻5

詳細、サンプル動画は下のボタンから。