妻が拉致されまわされた…ガラの悪い二人組に中出し寝取られレイプ体験談風

「妻が拉致され二人組に輪姦された」体験談風動画紹介

イメージ画像アリ
画像は下の方、妻が拉致されるシーンから登場します。

私には32歳になる妻と二人の娘、6歳と8歳がいます。あ、わたしの年齢は40歳、ちょうどオッサンと呼ばれ始めた年頃。この日は妻の実家へ帰省中。子供たちは祖父母に欲しいものをねだろうと、必死のお出掛けアピール。

するとお義母さんから「孫二人を連れて出掛けるから、たまには貴方たちも二人でゆっくりしといで」との申し出。

それはありがたい。

普段の休日はどうしても子供中心になりがち、なかなか二人で出掛けることもない。たまには二人きりでデートして、嫁さん孝行でもしてやるか。一日ゆっくり子育てから解放してやりたいので、夕食も別でとろうということになりました。

妻と二人きりでデート

そんなわけで、久しぶりに二人のデート。

特に何も予定が無かった2人ですが、久々に恋人同士に戻った気分。とりあえず駅前に出てゆっくり楽しもうということになりました。妻の田舎は地方とはいえ政令指定都市、駅前に出ればそれなりに立派な繁華街があります。さっそく出かける準備を始めたところ、妻も嬉しいのかすこしはしゃぎ気味。

私が言うのも何ですが、妻はなかなそそる見た目をしてるんです。職場結婚だったのですが、社内でもでも根強い人気があったグラマー美人。そのためか年齢より若くみられることも多く、痴漢にあうこともしばしば。結構男好きする外見なんです。
流石に30歳を超え子供を2人も産むと体全体に肉が付いた感じですが、そのムチッとした感じが魅力の一つだと感じています。

繁華街に入り、アーケードを歩いているとすれ違う男の視線を感じます。もちろん彼らの視線は愛妻に向けられ、更に下半身(ピチッとしたスカートのお尻)そして大きな胸に向けられている事は間違いないと思われます。そんな妻を連れ、近くにあった映画館の入り口に向かったんです。

2人でペアシートに座り、デート気分で映画を楽しみました。時おり妻のスカートの中へ手を差し入れ、肌の感触を楽しみます。さらに少し奥まで…

小声で「ちょっと」などと言いながらも変に動くと目立つし、しぶしぶなのか、まんざらでもないのか、やがて黙って私の行為を受け入れる妻。

そのまま二人でイチャイチャしながら見ていた映画も終わり、妻のリクエストでショッピングへ。普段は子供連れのため自分の好きな物をゆっくり見て回る機会も少ない主婦。ここぞとばかりにファッションビルをハシゴ。こういう時は荷物持ちをさせられるのが男の役目。ほんと、次々と目移りしながら私を連れまわす妻、男にとって苦痛の時間ではありますが楽しそうな妻を見ていると「たまにはいいか…」という気持ちになります。

しかし、2時間ほど連れまわされてさすがに疲れた私、そろそろ勘弁してほしいと思い妻へ「ちょっと疲れた、休まないか」と提案。

すると「もう少し見たいところがあるから、そこのベンチに座って待ってて」との返事。せっかくの機会なので好きにさせてやろうと、私はファッションビルの中にあった休憩スペースのベンチで待つことにしました。

そこでスマホでお気に入りの小説を読みながら時間を過ごしていたのですが、なかなか妻が戻ってきません。少し心配になったので、電話をしてみるも留守電に。

妻はナンパされていた

「おかしいな?」

2度目の電話が留守電になったところで、さすがに変だと思い妻を探しに行きます。おそらく同じビル、それも女性用のファッションや小物類を扱うフロアにいるだろう。何かあっても着信履歴を見てかけ直してくるはずだ、いそいでめぼしいフロアを探し始めます。

幸い妻は同じフロアに居たのですが、なんとガラの悪そうな二人組に絡まれているじゃないですか。ちょうど階段がある、ちょっとしたホールのようになってる場所。普通の人はエスカレーターやエレベーターを使うので人気の少ない場所なんですよね。

男は一人が妻の前に立ち、手にはスマホを持っています。もう一人は妻の右側から何かをしきりに話しかけている模様。「ナンパされてるな」と察した私は急いで妻の元へと向かいます。

「おい、何やってるんだ」

声を掛けると男たちは驚いてコッチを見た後

「やべっ、だんな来た。」

「てめェがモタモタやってるからだよ、最悪」

などといいながら、妻から離れていきます。

すると妻が

「スマホも返して」

どうやら男の一人が手に持っていたスマホは妻の物だったようで、私が電話した時に出ようとしたら取り上げられたものでした。

これには私もかなり腹が立ったのですが、相手はガラの悪そうな二人組。ここで私にもし何かあったら、妻がその後どんなことになるのか。妻の安全を考えて、出来るだけ冷静に対応する私。

「奥さんエロい体してるねぇ、ちょっとでイイから貸してくんない?晩飯までには返すからさ」

「そんなオッサンより、俺たちのチンコのほうが硬いぜ。ぜ~ったいいつもより気持ちいいからさ、奥さんも何とか言ってよ」

「ふざけたことを言うな、大声で人を呼ぶぞ」

といったやり取りの後「あの乳に挟みてぇ」などと言いながら、しぶしぶ彼らは去っていきました。そう、その場は、です。

妻が拉致される

「大丈夫か」

声を掛ける私。

「うん、ちょっと触られたけど…怖かった」

本当に怖かったのと私が来たため安心したのか、目に涙をためながら笑顔を浮かべる妻。

「どこを触られたんだ」

「うん、お尻と、胸を撫でられた。」

なっ!嫉妬で怒りが込み上げてくる。が、それと同時に何とも言えない興奮が私を襲いました。

とりあえず気分を変えよう。なんとも胸くそ悪い感じ、このままデートを続ける気にもなれず

「いったん帰るか、食事は車でどっか行こう」

私の提案に妻がうなずく。

荷物も多いし、ここは一度帰ってロードサイドのオシャレなレストランにでも行くことにした。

そのまま妻の実家があるマンションへ。するとなぜか妻がもじもじしているのです。「どうした?」と聞くと「なんでもない」と答える。

妻がこういう仕草をするときは欲情している時だ、10年近く連れ添ってればそれくらいわかる。

「ナンパされて欲情したのか?嫌らしいな」

と、意地悪をする私。

「違うの、ナンパされてるときは本当に怖かった。けど、貴方が来てくれて、その後、もし来なかったらどうなってたんだろうと思うと…もうやだ、何言わせんのよ!」

バチンと私の肩を叩く妻。

もし私が行かなかったら、ナンパされた妻はあの二人にどんな風に犯されていたのだろう。この胸、尻、妻のあえぎ顔、二本のチンポで…やべ、私も欲情してきた。

「とりあえず早めに食事に行って、その後ふたりでホテルでも行くか?少しくらい帰りが遅くなっても許してくれるだろ」

「ふふふ、了解。なんか恋人時代みたいだね。」

もじもじしながらも、嬉しそうな笑顔を見せる妻。そうと決まれば急がねば、早く妻を犯したい。

「じゃあ、駐車場に車を取りに行ってくる」

「分った、私も準備して(マンションの)前で待ってるね」

そういってマンションから歩いて5分ほどの所にある駐車場へ。ここは月極駐車場、妻の両親が私たちが帰って来た時に駐車できるよう借りてくれてる駐車場だ。

何を食べようか、その後の事を考えて下半身に鈍い疼きを感じながら駐車場へ。自動車に乗り込み、エンジンをかけ、妻を迎えに戻る。

駐車場から歩いてきた道を戻り、妻の実家があるマンション方向へ左折。ここから30mほど先が目的地。曲がり切ったところで、ちょうど止めようとした場所に見知らぬ車。まいったな、どこに止めようかと思った瞬間、その車は慌てたように発進。ちょうどいいタイミング、私はそのままマンションの前に停車しました。

しかし、いつまで待っても妻が出てこない。女性は準備が遅いと言っても限度がある、さすがに痺れを切らして電話するも妻はでず。様子を見にマンションの部屋の前、扉には鍵がかかっている。おかしいな、鍵をかけて何やってんだろ。

私も実家の鍵を持っているので、開けて入ってみるとそこには誰もいませんでした。

どういうことだ?妻はどこに行った。何度も電話をすが妻は出ない。

犯され爆乳主婦1

サンプルイメージ画像

そう、妻は拉致されたのでした。

人妻、ヤリ部屋で連続絶頂

さて、実家の前で拉致された爆乳人妻、ココからはネトラレスキーが写真を交えて実況します。

睡眠薬で眠らされ、車で拉致られた人妻。

犯され爆乳主婦2

サンプルイメージ画像

ナンパの時からムラムラ、ギンギン、意識がないまま体を揺すられる人妻。揺れている原因はほら、音が聞こえるでしょ。

逃げられないように写真撮影、ちゃんと顔も入れとけよ。

犯され爆乳主婦3

サンプルイメージ画像

おっ、起きた。さぁ、ここからが本番。楽しくなってきましたね。

犯され爆乳主婦3

サンプルイメージ画像

やっぱ意識が無いと面白くない、嫌がる女を屈服させる男たち。爆乳があれば吸う、これ男の本能。

そして、男が二人そろえば上と下、キッチリ挟む。

こりゃ奥さんイキまくってますよ、心は拒んでも快楽地獄に落ちればほら、気が付いたら本気のセックス。今まで感じた事が無いほどの興奮と快楽。

犯され爆乳主婦5

サンプルイメージ画像

うっはぁ、他人棒を口に突っ込まれて強制射精。旦那以外のチンポから精子を吸いだしております。

犯され爆乳主婦6

サンプルイメージ画像

上に載せられ、自ら腰を振りつつ別の他人棒をしゃぶる。そういや、旦那とホテルの予定でしたね。こんなのは旦那とじゃできませんよ。

犯され爆乳主婦7

サンプルイメージ画像

旦那との逢瀬に思いを馳せ、既に欲情していたためかイキまくる人妻。相手は旦那じゃないけれど、それ以上の快楽にあえぎ悶える奥様。

犯され爆乳主婦8

サンプルイメージ画像

こうやって凌辱の限りを尽くされていくのです…サンプル動画は下のボタンから

妻が拉致され犯された~結末

妻が居なくなり、とにかく義父へ連絡。義父母は驚き、子供たちを連れて急いで帰ってきました。皆で付近を探すも見つからず、警察へ届け出。

私は何が起きたのか分からず、ただ妻の無事を祈るばかり。何の手掛かりもなくただ待つだけ、耐えられない苦悩の時間に耐えていました。すると夜中になって妻からの電話。

「ごめんなさい…迎えに来て」

待ちに待った妻からの連絡、どんな姿になっているのか心配で胸が押しつぶされそう。それでも妻は帰ってくる、急いで指定された場所へと向かいます。

そこには髪は乱れ、服装も乱れ切った妻がしゃがんでいました。何があったのか、見れば一目瞭然。私が発することができた言葉は…

「大丈夫か…」

大丈夫じゃないのは見ればわかる。わかるが言葉が出ない。無言で泣き続ける妻。とにかくこの姿を子供に見せるわけにはいかない、妻の実家に無事に保護した旨を伝え、警察にも連絡。そのままラブホテルへ向かう事に。とりあえずシャワーを浴びさせて、服の乱れを治さねば。

ラブホテルに入ってから、ただ泣きながら謝るだけの妻。私はどうしようもない嫉妬と込み上げてくる怒りを抑えながら、ただ優しく抱きしめ背中や髪を撫でてやります。

するとポツリポツリと何があったのかを語り始めました。

ナンパしてきた男たちの一人が後を着けていたらしいこと。その男が連絡しながら車を運転する男を誘導、マンションの前に車を乗り付けた事。いちどマンションから出て、忘れ物を取りに戻ろうとしたところで拉致されたこと。

拉致された後、部屋に連れ込まれ二人に犯されたこと。

一通り話し終えた後、妻は激しく私を求めてきました。

「私の体にあなたのモノを刻み込んで、あんな男を忘れられるように…」

そのまま外が明るくなるまで激しく求めあい、妻は何度も失神していました。付き合っていたころを含めても、これほど激しいセックスをしたのは今回が初めて。

警察に届けるかと妻に確認したところ、黙っていてほしいと。

この日から妻のことが今まで以上に愛おしく、より強く女性の魅力を感じるようになり、毎日のように体を求めあう日々。この勢いだと子供たちに歳の離れた弟か妹ができてしまうかもしれない。

終わり

最後に

まず注意していただきたいのは、この物語は紹介している動画のレビューではなく完全に妄想記事です。ちょっとした短編小説を書こうと思い、そのついでにシチュエーションの似た動画を見つけてきて広告を貼り付けるとともに、それっぽく編集したものです。

なので「動画の内容と違うじゃないか」という問い合わせや意見は一切受け付けません、この記事を読んで脳内変換して楽しんでいただけたら幸いです。

NTRはね、やっぱストーリーが命。自分で楽しむためにストーリーを勝手につけました。なので完全にフィクション、妄想です。そのことをご了承ください。

イメージ画像で紹介した動画

輪姦レイプ映像 ノーカット無編集「婦女強姦犯罪記録」強烈!クロロホルムとスタンガンで昏睡、媚薬で痙攣、犯されイカされ続けた爆乳主婦 高樹優子
犯され爆乳主婦
詳細、サンプル動画は下のボタンから