DMMのアダルトエロVR動画を始めたんだけれども、見れたもんじゃない全然ダメ!最悪

そういやさ、最近エロ動画の世界で「VRすげーーーっ!」みたいな風潮があるんだよね。そこまでスゲェんならさ、ちょっと興味もでてくるわけで。いっちょやってみるかと思ったんだわ。

内容
超絶ザックリ言うと、DMMのVRは安川にとって使えたもんじゃなかった。
というお話。

VRを楽しむために買い物しました。

VRを手軽に楽しむツールとして、とりあえずスマホとヘッドセットというアイテムが必要になるんだよね。とりあえずスマホは安川の愛機「XPERIA Z3」を使うとして、ヘッドセットは持ってないので購入する必要がある。

ネットで調べてあ~だこ~だした結果、とりあえずDaydreamとかいうGoogleの規格に対応したリモコン付きにしようと

BOBOVR Z5

ってのを、アマゾンプライムで購入。

とどいたのがコレ。

VR始めた1

お値段は購入時の価格で4,980円

他にも安いのは沢山あったんだけど、どうせなら少しまともなやつと思い購入。

BOBOVR Z5「箱開けの義」

だはは、誰かさんのマネ。

VR始めた2

中から出てきたのはVRヘッドセット本体と、リモコン、説明書と拭くやつ。

VR始めた3 VR動画

BOBOVR Z5 中身の確認

リモコンは充電式で、GoogleのDaydream対応ブルートゥースリモコン。

正面にボタンが三つと、横に二つ付いている。

VR始めた4

コチラが横のボタン

VR始めた5

充電端子は「USBタイプC」なので注意

VR始めた6

安川は持ってなかったので買って来た。近所のヤマダで2,984円(税込)

VR始めた7

ここまでで、本体及び充電器で何と…

7,928円(税込)

結構デカい出費だわこれ、安川は超絶貧乏だからね。このサイトをやるために、昼飯を食べないくらい貧乏。昼飯代を動画購入費にあてる予定。

今月の動画レビューが少ないのは、このサイトを始めるのにかかった費用が2万ほどあって、それがクレジット払いなんだわ。月末頃に引き落とされるから、それに備えて昼飯を抜いてる。つまり、動画を購入する予算がね、今月分は無いのよ。

でもってクレジットの締めが終わったこのタイミングでVRにチャレンジ。この支払は来月回し。いきなり最初から勝負してます。この金額があれば、エロ動画何本買えたんだろ…という考えが少し頭をよぎる。

続いてはVRヘッドセット本体。BOBOVR Z5だ。

VR始めた8

軽さがウリの機種だけあって、かなり軽い。造りも割としっかりしてそうだけど、力を入れて触るとバキッといきそうな感じではある。

ここがレンズ部分。肌に触れる部分の肌触りは自動車のシートみたいな感じ、ソフトでべた付かない。取り付けはマジックテープになってるので、外して洗えるのも嬉しいね。

VR始めた8

このつまみを引っ張ってまわすと、頭をホールドする部分が動く。締め付けの強さを調節する部分。ヘッドフォンもここについていて、スライドはしないけど角度を変えて調整する感じ。

VR始めた10

これがヘッドフォン。付け根はスライドしないけども、前後に動かすことで調整する。

VR始めた11

このつまみは目と目の幅を調整。ヒラメの人も、より目の人も、これで調整することができる。

VR始めた12

このつまみでスマホとの距離を調節。近眼の安川は、メガネを外してみることができた。ちなみに安川の視力は0.1。寝取られ系のエロが大好きな中年オジサン風メガネっ子。

ド汚い中年オヤジのメガネっ子ってどんなんやねんw

VR始めた13

ここがスマホをオンするところ。音声用のステレオプラグが付いている。

VR始めた14

BOBOVR Z5にスマホを装着

VR始めた15

とりあえず装着。でもって、イヤホンジャックへプラグを挿入。間違ってもピストンしないように!

VR始めた16

スマホをホールドするバネはしっかりしていて、安川のスマホだと落ちる心配はなさそう。

VR始めた17

うっッ!あ、ゴム抜けちゃった…ゴメン

なにやってんのよバカッ!

この短小ヤロウ!小さめのゴム用意しときなさいよっ(怒

なんて事にはならなさそうで、ちょっと安心。こんなこと言われたら、たとえVRとはいえ不能になりそうだ。

以上でBOBOVR Z5の戦闘準備は完了した。

VR動画

DMMでVRエロ動画を見る!

まずはDMMのVRアプリをインストール。DMMの公式サイトからダウンロードするんだけども、AndroidOS6.0以上だとセキュリティに引っかかる。詳しくはDMMの公式サイトをよくみてやって欲しい。

これがフル装備状態のBOBOVR Z5。持ってみるとスマホの重量が加わるので、トップヘビー気味にズシッとくる。

VR始めた18

試しにヘッドセットを装着してみると、ちょっと気になる点が。

両脇から光が入ってくる!

ちょうどこの頬の上にフィットする場所かな、両方から光が入るのよね。これが動画視聴にどう影響するか、ちょっと気になる。重さは殆ど気にならないレベル。さすが軽さがウリなだけあるね。

VR始めた19

続いてブルートゥースでリモコンをペアリング。

VR始めた20

そしてDMMのアプリを立ち上げ、動画を選択。ちなみにチョイスした動画は

「嫁のスペックが高すぎて風俗いらず」

DMMのセールで490円という超絶お買い得なバーチャルワイフだっ!

VR始めた21

むふふふふ、いまからマイワイフとチョメチョメなことをさ、やってやる、やってやるさ、俺だってやるときはやるんだ。

ちなみ
動画は事前にDMMで買っておく必要があるので注意。
VRアプリから購入することは出来ませんのであしからず。

そのまま再生するとこんな感じ。な、なんか微妙だぞ?

VR始めた22

これを装着するとこうだ!

って見えないかw

VR始めた23

実際に着けてみると、かなり微妙というかダメじゃん。うまく右と左の絵が合わさらなくて、顔のアップとか酷い事になってる。

調節つまみを操作してみるも、どうやってもうまく行かない。左右が崩れた福笑いみたいw

音はいいね、耳元で話しかけられてるみたいな感覚。声だけでエレクトするくらいエロい。リモコンは…使えね~w

リモコンでいろいろやってみるも、音声をあげる事しかできない。これはアプリが悪いのか、どうなんだろ。説明書を開いてみると…

VR始めた24

字は小さいし英語だし、分かるかよ。

もうリモコンは使えないものとして、再びバーチャルワイフとのチョメチョメを再開する安川。

数十秒後・・・

ん?嫁が動かない、大変だ、俺の嫁が固まってる!そしてそのままブラックアウト。早送りしても巻き戻してもダメ。

VR始めた25

アプリを何度再起動しても同じ症状、数十秒で動かなくなる。

そして最後には

VR始めた26

アプリすら起動せず。

なんじゃこりゃ?

スマホを再起動したらアプリは起動したものの、動画が途中で止まり進まなくなる現象は改善せず。結局、安川のバーチャルワイフ計画はここに破たんしたのであった…

負担総額⇒8,418円

何事も経験とはいうものの、今回の授業料は結構高くついたなぁ…はぁ。当分は昼飯抜きだコリャ。

最後に

やはり彼女を探すのは難しいということだ、バーチャルだろうがリアルだろうが。とにかく金、金が無けりゃどうにもならん。たかだか8,000円ぽっちで痛てぇ!なんて言ってるやつが、VRなんて最新の娯楽を楽しもうとしたのが間違いだった。

ちなみに安川のスマホはXPERIA Z3のドコモバージョン。回線はドコモ光の1Gタイプ、いわゆるフレッツ光隼のやつ。ルータはNTT西のホームゲートウェイ+無線LANカード。どうやらこのスペックでは動かないらしい。

この止まり方って、メモリかCPUかGPUか、いずれにしてもスペック不足だと思うんだわ。そう考えるとVRって、かなりハイスペックな端末じゃないと楽しめないんだな。

いま巷を賑わせているVRだけども、それは普通の中流以上の人たちの娯楽であって、社会の底辺でイモムシのようにのたうってる貧乏ド底辺の低学歴低年収短小仮性包茎の安川が楽しむには、1万年と2千年ほど早かったらしい。

また一つ社会の厳しさを学んだ気がする…って、40半ばを過ぎていつまで学んでんだかw