「https://」でiframe動画やscript動画を埋め込む!FC2、DMM、DUGAサンプル動画の運命やいかに!?

今日の画像も「なないろ速報」からお借りしました。

https://のほうがセキュリティ面で優れてるとおもって暗号化したんだけど、大変な事になった。

通信を暗号化することで安全性を保つ「https://」というやつ、クレジット番号などを取り扱う銀行や通販サイトなんかはほぼ全て使ってるんじゃないかな。むしろ、鍵マークが出てない「http://」のサイトで買い物するのは、絶対おススメしないよってレベル。

でもってこのサイトはユーザーから個人情報を得ることはしないけども、それでもアダルトサイトなんて怪しげなことをやるんだわ。やっぱ通信の暗号化ぐらいするべきだと思ったんだよね。

「https」の命令でやり取りされれば、個人情報などのデータは暗号化されるので、たとえ盗み見られても安心だし、第三者に勝手に変更されることもないのだ。

引用:「http」と「https」の違いとは? 最後の「s」はあなたを守る魔法の言葉だった

そのために何か特別な事をやったとかはなくて、レンタルサーバー借りてる「mixhost」がやってくれたこと。おかげでこのサイトは「https://」なわけ。「保護された通信」となっていて、ちゃんと鍵マーク出てるでしょ。

https1

それでも完全じゃないくて、アフィリエイトで外部リンクを貼った時に相手がhttpsじゃなかったら鍵マークが消えてしまう。それくらいシビアなもの。今後は「https」が通らないアフィリエイトは利用しないとか、できるだけ安全を考えるべきなんだよね。

なんて考えていたら、httpsにした事でとんでもない事態に発展したんだコレが!

アフィリエイトのサンプル動画が貼れない

アフィリエイトやってる動画サイトでは、ほとんどみんな無料の動画サンプルを置いてくれてるのよ。親切な事に。まあ、もうちょっと長いの置いてくれとは思うんだけどね、そんなんで売る気あんのかゴルァ!くらい申し訳程度のものもあったりして。

それでもあるのと無いのとでは大違いなわけで、な~んとか解決しなきゃ困る。

とりあえず試したのがDMMと、FC2と、DUGAなんだよ。無料動画リンクを発行してくれて、出来たてホヤホヤのザコサイトでも相手にしてくれたありがた~いASP。あ、ASPってのは、アフィリエイトの元締めね。

それで嬉しくなっちゃってさ、うっしゃサンプル動画のコードゲット!ジャンジャン貼り捲るぜぃ!と調子にのったはいいものの、やってみたら全く動画の埋め込みができないの。何度やってもダメ、Googleで調べて動画系のプラグインも殆ど試したんだけど、どれもこれも動画が埋め込めない。

なんじゃこりゃ、どうすりゃいいんだよ。他の人は普通に出来てるみたいなのに、なんで俺だけ…ただひたすら様々な検索キーワードで原因の解決法を探る。ただ時間だけが何時間も過ぎていく。

このまま動画なしでやるしかないかもしれん、そうや、文章で勝負したらえ~んや!

と思ったときのことでした。

解決方法は突然に

ありました解決策、そのものずばり!

どうやって解決したかというと、動画を埋め込むコードには、iframeを使うタイプとscriptを使うタイプがあるんですよ。なんのこっちゃ?と思う人はそれでいい、別にユーザーが知る必要もないことやから。アフィカスやってる人は、サイトをhttps化した時に同じことになるかもしれんから覚えておいて欲しい。

解決策はメッチャ簡単。それはね、埋め込みコード内にある「http://」の部分を「https://」に変えるだけ。どうやらhttpとhttpsが混在することで、動画の埋め込みがうまく行かないらしい。「s」を足してやったらほら、バッチリ貼れてる。

まずはDMMから

続いてDUGA

残念ながらFC2は「https://」に対応できないみたい、正常に動きませんでした。

こういうところにも、やっぱ差がでてくる。こんな小さな情報でも、やっぱ気になる人は気にするやろうね。

このブログを応援したいと思ったら、エロねたを買うときにブログ内の広告からお買い物をしていただくと少しだけ「安川」にお金が入ります。

頑張るから、応援してくださインコ。
熟女のサンプル動画が見放題!