下ネタが世界を救う!少子化対策にはエロが必要、アンチエロは人類の敵なのです

ぶはははは!バカだw

と思ってしまうような面白いミュージックビデオが、ケンbotというツイッターアカウントからツイートされた。

下ネタで世界をハッピーにする気持ちで作りました。というコメントと共にアップされたこのMV、聞くときは必ず音量をMAXに……とあるが、聞く場所を選ぶだろう。

間違っても電車の中や、職場で音量MAXはやめておいた方がイイ。いきなり「セックス・オナニー・ヴァギナ」と始まるので、白い目で見られることは間違いない。ラブホ行こうよ!の場面で隣の女子社員がグッドな反応をしてくれる可能性も無くはないが、貴方がよほどハイスペックでなければ期待薄だろう。

曲調はポップなテクノチューン、難しい事は何もなく誰でも気軽に聞ける仕上がりになっている。完成度は非常に高く、耳に残るキャッチーな下ネタフレーズを口ずさんでしまいそうで怖い。

そもそも下ネタというか、エロが人類社会を支えているわけで、それを汚らわしいとか卑猥だというのは大間違い。お前だってセックスの結果で生まれたんだろうよ!という話。

少子高齢化が問題視される中、皆でセックスして子供を作りましょう。人に限らず、生物は子を産み育て、種を未来へ繋いでいくために生きているのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

貧しい・負け犬・ムッツリスケベという救いようのない3M中年、人妻など熟女物を好む。 主に自分が欲しいタイトルをチェックするために巡回する中で、インプットした情報を同好者へ発信・共有するために当ブログを執筆中。 このブログが、少しでも誰かの役に立てれば喜びます。