「揉めば大きくなる」は嘘だった!女医がバッサリ否定、揉んでも胸は育たない

パートナーの事を愛していても、そのすべてが100%理想通りなんてことはない。もう少しこうだったら、これさえなければ、という事の一つや二つはあるはずだ。

揉む乳1

画像:妻の秘め事 僕が知っている事を妻は知らない…。 織田真子

「胸は揉めば大きくなる」

今日もパートナーの胸が大きくなることを信じ、ひたすら揉んでいる巨乳フリークの諸兄にはまことにもって残念と言わざるをえない記事がNEWSポストセブンに掲載されていた。

愛しているんだけれども、大好きなんだけれども、セックスの度に思う「あぁ、もう少し胸があれば言う事ないのにな……」

そんな事で人の価値が決まるわけではないけども、人の欲望は天井知らず。ついつい満たされ幸せを感じながらも、更なる高みを夢見てしまう罪深き生き物。

しかし恥じる事はない、それが人なのだ。

パートナーの胸、その大きさに不満を持った男がやりがちな行動。それが、胸を揉んで大きくしようという試み。巷で一般的に用いられている説「胸を揉むと大きくなる説」の信奉者たちだ。

しかし、そんな浅はかな夢を打ち砕く審判の時が訪れた。

女医曰く「揉むだけでは胸は大きくならない。」

【疑問その4】「胸は『揉まれたら大きくなる』は本当か」
「胸は12~20歳前後の思春期から成人期にかけ女性ホルモンが分泌されることにより大きくなります。この時期の分泌量が多いほど大きなバストになる。それ以降は補正下着の着用や大豆製品の摂取等で大きくなる場合もありますが、揉むだけでは効果はない。男性の幻想でしょうね」(丹羽先生)

NEWSポストセブンより

まあそうだよね、チンポ小さいからって揉めば大きくなるという事も無いし、ヘタに引っ張りすぎて皮膚がたるんでタレ乳……いや、垂れるほどないのか。失礼。

とにかく揉むだけでは大きくならない、これは医学的に見て当たり前のことのようだ。

質疑応答方式で胸にまつわる事柄を女医が応えていくこの記事、他にも胸の感度の問題などにもこたえていて

巨乳は感度が悪いのか? という問いに対して、胸の大きさで感度が変わることが無い。や、胸そのものは脂肪の塊で性感帯ではないが、乳首には神経が集中しているので快感を感じるなどなど、胸に関する疑問に答えている。

しかし、胸を揉んだら大きくなるというのは、皆、疑問を持ちながらも藁をも掴む思いで信じていた俗説。完膚なきまでに否定されてしまうと、正直辛い。

ただ、大きくする方法がないという訳ではなく、補正下着の着用・大豆製品の摂取といったヒントを提示し「大きくなるかもしれない」という、胸を大きくできる可能性が専門家によって直接言及されたのは僥倖といえるだろう。

大きな胸に向かって、一層の努力に励んでもらいたい。

てかさ、脂肪の塊りなら太ればいいんじゃないの?

トップ画像
揉む乳

妻の秘め事 僕が知っている事を妻は知らない…。 織田真子

イメージ画像は上記作品のサンプル写真。

夫の兄が仕事に失敗、住むところも無くなり弟夫婦と同居することになった。そんな兄に嫁を寝取られ、しかも絶倫兄のセックスに妻が溺れて行く。夫の見ている前で、義兄のチンポでマジイキする背徳ドラマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

貧しい・負け犬・ムッツリスケベという救いようのない3M中年、人妻など熟女物を好む。 主に自分が欲しいタイトルをチェックするために巡回する中で、インプットした情報を同好者へ発信・共有するために当ブログを執筆中。 このブログが、少しでも誰かの役に立てれば喜びます。