夫が「不倫したいと思う瞬間」これはもう防ぎようがないんだけれどね……経験で語ってみる。

「不倫だけはしないで」と思っている奥様が多いと思うけど、男は、というか、これは男女問わずだと思うんだけど、ふとしたキッカケで不倫関係なんて始まってしまうもの。

不倫きっかけ6

今回は主に既婚男性が不倫に走るキッカケを、いくつか並べてみた。

男が不倫に走る切っ掛け

寂しい時

これは男も女も共通じゃないかな、不倫の切っ掛けとして一番ありがちなのが寂しい時。

私の場合は単身赴任が長かったので、一人寂しくしていたんだけれども、夜寝る時なんかはたまらなく人恋しくなったりするんだよね。

そんなときに、ふと、ランチで立ち寄ったレストランの入り口で出会った人をナンパしちゃって、そのまま不倫関係にズルズル嵌っていったことがある。

自分を見てくれていない、自分にかまってくれない、会いたいのに会えない、寂しい……そんな心のすき間ができたとき、スッと入り込んでこられると抜け出せなくなる。

お酒を飲んだ時

これも男女共通じゃなかろうか、酒は媚薬の効果もあるというけれど、酔って気が大きくなるとムラムラしてくることがある。この場合は不倫というよりも、一夜限りの浮気的なのが多いんだけど。

ただ、そこで連絡先を教え合ったりして、昼間に会うと酔っていた時とのギャップが新鮮で惚れてしまう事もある。

特に酔っている時に異性から口説かれるというのは……ヤバいね。

私は酒を飲むとダメなので、今では一滴も酒を口にしなくなった。

妻がイライラして喧嘩が絶えないとき

これも男女共通かな、寂しいとは違うけれど、喧嘩に疲れ果てて心にポッカリ隙間が開く時があるんだよね。

そんな時に何かキッカケがあると、不倫の世界へと引きずり込まれていく。夫婦というのは恋人とは違った強い絆で結ばれているんだけど、だからこそ衝突してすれ違い、関係が改善されないままモヤモヤした状態になると平常心でいられなくなる。

グチをこぼした時に優しく相談に乗られたりすると、相手が女神様みたいにみえるんだよね。繰り返し話を聞いてもらっているうちに気が付いたら口説いてた……なんてことはよくある話。

セックスに不満があるとき

女性が思っている以上に男は性欲が強いもの、いちど本気で発情してしまうと我慢するのも苦痛になるくらい。目に入る女性全てに欲情してしまうような、そんな危険な状態になることがある……って、私だけかな?

とにかく、そんなムラムラが収まらない時には妻へ助けを求めるんだけど、まともに相手にされないような日が何日か続くと出会い系サイトで相手を探し始めてしまったことがあった。

寝ている妻の横で、出会い系サイトで相手を探す夫。そこで出会った女性と不倫関係に……なった事があるね。

仕事がうまくいってるとき

金を持つと男は浮気をしたくなる、これは間違いない。私も羽振りが良かったころは、家庭も顧みずにひたすら夜の街へと出かけていた。

仕事が楽しくて楽しくて、趣味は何ですか? と聞かれたら、仕事より面白いものはない! なんて平然と答えていた私。その頃はとにかく忙しくて、家に帰る暇もほとんどないし、仕事が楽しいから休みもとらないし、とにかく気力が充実しているから精力もマシマシになっている。

そんな時に仕事の話を楽しそうに聞いてくれるような女性が現れると、もうイチコロ。

どうだ、おれ凄いだろ? キャーオトコマエー! 実際には私を見ていたわけじゃなくて、お金を見ていたんだろうけどね……まあ、調子に乗ってしまう生き物なのよ、男って。

不倫は心の隙間から生まれる

ということで、自分の経験を踏まえて夫が不倫したくなる瞬間について書いてみたんだけど、私って浮気者なんだなぁ……と改めて反省。だけど後悔はしていない!

こうやって不倫のキッカケを振り返ってみると、全て心の隙に他の女性を引き込んじゃうのが原因なんだよね。

理屈であれこれ言ったとしても、結局は人間だって動物なのよ。本能を完全に制御するのは不可能。だから隙を作らないように、気を付けるしかない。

夫に不倫して欲しくないと思う奥様は、心に隙間ができないくらい心も体も満たしてあげる事だね。それが不倫を防ぐ一番の方法。

——-ひょっとしたら妻も過去に不倫していたりして……

それでも私は怒らないけどね、一度しか無い人生だしセックスを楽しむくらいはあってもイイじゃない。家庭に持ち込まず、夫婦関係さえ壊さなければ。

妻が私を愛してくれている限り、不倫や浮気くらいで気持ちが揺らぐことはない。

おススメ動画
不倫きっかけ7

夫より愛してしまった・・ さめきった夫婦生活から抜け出したかった人妻

夫は町の権力者!息子は後継。外面だけはよく、家では憂鬱な日々を過ごしていた、そんな時、元従業員が訪ねてくる。次第に惹かれ合う二人は心の隙間を埋めるように交わりだすのだった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

貧しい・負け犬・ムッツリスケベという救いようのない3M中年、人妻など熟女物を好む。 主に自分が欲しいタイトルをチェックするために巡回する中で、インプットした情報を同好者へ発信・共有するために当ブログを執筆中。 このブログが、少しでも誰かの役に立てれば喜びます。