セックスレス中年夫婦、旦那のレス解消奮闘記!お母さんじゃなく女になってもらうには

妻とセックスしたい……前回の記事でも書いたけれど、今、私の悩みは妻とのセックスレス。

40後半の中年夫婦、セックスレス解消にチャレンジしてみる!嫁とヤリたいのだ

2018.12.25

セックスレスを解消するために奮闘する毎日。少しずつ進展してきているので、とりあえず途中経過てきな報告を。

妻が少しずつ女になってきた

我が家は夫婦仲が悪いわけではない、というかいい方だと思う。日常的に会話は多いし、妻は気が短いけれど、それでも喧嘩になるような事はない。

ただ、それは男と女ではなく、完全に家族としての仲の良さ。何とか妻にウチのお母さんから、恋する女になってもらいたい。お父さんとお母さんの関係だけでなく、互いに異性として意識するカップルとしての関係を取り戻したいのだ。

妻に負担をかけずに私を男として意識してもらうためにどうするか、いま出来る事を考えた結果、素直に真っ直ぐストレートな言葉で妻への感謝であったり愛情であったりを伝える事にしてみた。

具体的には「ありがとう」「好きだ」という言葉を、日常会話の中で頻繁に使う。特に「ありがとう」は、些細な事でも何かしてもらう度に言うようにすると、自然と感謝の言葉が出るようになった。

どうしたん、今さらそんなことを言って。

「いや、しみじみ思うんだわ、お前のことが好きなんやな~って。」

バカじゃないの?まあ、私ができた奥さんだからね、感謝しなさい。」

「うん、ほんと感謝してる。」

とまあ、こんな感じで妻が照れてしまうような会話を毎日する。

さらに言葉だけではなくチョットした気遣いというか、いわれなくとも風呂を入れたり、休みの日には洗濯物をさりげなく取り込んでたたんでおいたり、疲れてうたた寝している間に洗い物をしたり、家事の手伝いも増やしてみた。

そうやって言葉と行動、態度で愛情を示すようにすると、妻がときおり女らしく甘えたような仕草を見せはじめた。気の強い肝っ玉母さんが、時おり見せる女の姿。

良い兆候だ。

妻は自分の鏡のような存在なんじゃなかろうか。

セックスレスを解消したいと思った切っ掛け、それは改めて妻の事を愛おしく思ったから。好きな相手とセックスしたいと思うのは、男女の自然な感情。

その思いを妻にストレート言葉と態度で示すようにすると、それに応えるように様子が変わって来たような気がする。

妻は自分の鏡のよう。

自分が妻を、家庭を顧みず勝手なことをやれば、同じように返ってくる。私が怒れば妻も怒る、私が妻を苦しめたら同じように苦しめられる。しかし妻に愛情と感謝の気持ちを持って大切にすれば、同じように妻も私を大切に思ってくれる……ような気がする。

私が妻を女として見なくなったから、妻も私を男として見なくなった。おそらく我が家がセックスレスになった原因は、ここにあるんだと思う。

まだセックスは無理っぽいけれど、この事に気づいただけでも一歩前進したのではなかろうか。

40後半、この歳になってようやく妻という女性の存在の大きさと、ありがたみを素直に感じることが出来るようになった気がする。

時間はたっぷりある、焦らずに妻を口説いてみよう。

※文中に使った画像は「ながえSTYLE厳選女優 すけべな尻 大場ゆいラスト」のサンプル。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

貧しい・負け犬・ムッツリスケベという救いようのない3M中年、人妻など熟女物を好む。 主に自分が欲しいタイトルをチェックするために巡回する中で、インプットした情報を同好者へ発信・共有するために当ブログを執筆中。 このブログが、少しでも誰かの役に立てれば喜びます。