女を惚れさせるセックステクニック!ある事をすると、女性は相手の男を愛おしく思うらしい。

この女を本気で惚れさせてやりたい!

セックスだけの関係が持てる女性がいるだけでも私からすると羨ましいのだが、もしセフレとのセックスや恋人や妻でない女性とセックスをする機会があり、相手を自分に惚れさせたいと思ったならば、ぜひ試してもらいたいテクニックがある。

女性はある事をされると、相手の事を愛おしく思い尽くしたくなるらしい……という衝撃的な情報を、ネットで見つけたのでここで紹介。

女という幻想をぶっ壊す!本音情報サイト「messy(メッシー)」に掲載された記事「乳首を吸われれば吸われるほど、男に尽くしたくなってしまう!? 嗚呼女性ホルモンの意地悪!」によると、なんと女性は乳首を吸われると分泌されるホルモンの影響で乳首を吸っている対象を愛おしく思ってしまうらしい。

  • 相手を愛おしく感じるホルモン

messyの記事によると女性はセックスで気持ちよくなるとオキシトシンというホルモンが分泌され、このホルモンは「愛情ホルモン」や「信頼ホルモン」と呼ばれるものであり、このホルモンを沢山ださせてくれる相手をすごく好きになる性質があるのだそうだ。

中でも乳首を吸う行為はこのホルモンの分泌を促進する効果が絶大。

このオキシトシン、乳首を吸われると、ものすごくたくさん出るんですね。理由は、母親が乳飲み子をほったらかしにしないようにするためだと言われています。女性のカラダは、乳首を吸った者に執着するような仕組みになっているわけです。

messy

そもそもオッパイは子供のためにあって、オッチャンやニイチャンの為にあるんやないんやで……と、どこかで聞いたセリフを思い出す。必死で乳首に吸い付く子供、その姿を見ると本能が相手を愛し守ろうとする。女性には子孫を愛し育て、種を保存するための機能が備わっているのだ。

つまり、オッパイに吸い付く行為は、女性の本能である母性を呼び覚ますオキシトシンを大量に分泌させ、自分に執着させるという効果をもたらす究極のセックステクニックだったのだ。

女性は子宮で相手に惚れるという言葉をよく聞くけども、気持ちいセックスの虜になる女性は何人か見たことがある。嫁が、彼女が、浮気をキッカケに寝取られたなんて話はどこにでも転がっている。

こういうセックスをキッカケとした女性の豹変、その原因はオキシトシンの働きによるものなのかもしれない。この働きを知っている男と知らない男、その差は想像以上に大きなものになりそうだ。

さっそく今日から嫁の乳首でも吸ってみるか、だいぶしぼんでるから触りもしていないが……捨てられないようにね、悲しい貧乏中年が孤独老人に進化したなんて目も当てられない。

いきなりやったら蹴りが飛んできそうで怖いけど……このまえ久しぶりにセックスしようとして抱き付いたら、おもいっきり腹を蹴られて悶絶したんだよね。

参照元:乳首を吸われれば吸われるほど、男に尽くしたくなってしまう!? 嗚呼女性ホルモンの意地悪!ーmessy

画像:FANZA(旧DMM.R18)の商品サンプル画像
私みたいなおばさんが本当にいいの?初めての不倫セックスに悶え乱れる美熟妻たち…2章
近親相姦 爆乳風呂 島津かおる

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

貧しい・負け犬・ムッツリスケベという救いようのない3M中年、人妻など熟女物を好む。 主に自分が欲しいタイトルをチェックするために巡回する中で、インプットした情報を同好者へ発信・共有するために当ブログを執筆中。 このブログが、少しでも誰かの役に立てれば喜びます。