「巨尻妻景子と絶倫スケベ爺。」情に負けて体を赦した寝取られ妻が……モスキートマン

相手の情に付け込んでセックスに及ぶ義父、卑怯かもしれないが、それを赦してくれる情に厚い妻がとにかく魅力的。男を虜にする豊満な体、老いてもなお盛んな爺さん、相手のやさしさに付け込んで一度だけの約束で行為に及ぶしたたかな男。

息子の嫁に自らの欲望を叩きつける鬼畜オヤジ……

今回紹介するのはモスキートマンの新作「巨尻妻景子と絶倫スケベ爺

ストーリー

夫の父、義父は根っからのエロ爺、毎日繰り返されるセクハラに辟易している主人公の景子。身長170センチの長身に、B103W78H108というグラマラスな人妻熟女。

景子は良妻賢母、情に厚い母性溢れる魅力的な人妻。息子の嫁にも関わらず、そんな景子をものに出来ないかと企む義父。そこで一計を案じ、景子の情に厚い性格に付け込んで、寂しさを武器に泣き落としにかかる。

結果、景子は憐れな老人を拒み切れず、妻に先立たれた孤独な老人を憐れに思い一度だけと体を赦すのだが……もちろん義父は一度で満足するはずもなく、何度もセックスを求めてくる。

もう二度と相手にしないと決意していた景子、しかし短小早漏の夫との夜の営みもご無沙汰で、拒絶の言葉を発するものの体が反応してしまい、再び義父を受け入れてしまう。

一つ屋根の下で暮らす夫婦とエロ爺。強い雄に貫かれ、雌の快楽に翻弄される人妻を描いたドタバタエロコメディー。

登場人物

南雲景子 42歳
温厚篤実な女性。怒ると怖いが情にもろく優しい。肝っ玉母。
身長175センチB103W78H108と恵まれた体躯のため
大吉からのセクハラに辟易。老の繰り言とあきらめ気味。
趣味は学生の頃から続けているバレー。代表に選ばれた事あり。
「お義父さん、いい加減にしてください!んもうエロ爺ね!」

南雲正志 45歳
謹厳実直な男性。物静かで柔和。生真面目なサラリーマン。
趣味は読書と風景写真の撮影。
ちなみに短小包茎早漏。
「ハハ・・父は昔からああいう人で母さんによく怒られてたよ。
・・・父もさびしいのかもしれないね。」

南雲大吉 72歳
絶倫巨根妖怪好色爺。正志の父。景子のデカ尻を毎夜狙う
ただのスケベ爺。趣味はのぞき。景子へのセクハラ。
「ばあさんのケツもデカかったが景子さんのデカ尻も負けと
らんわい。ヒ~ヒッヒッヒw」

南雲正樹 19歳
大学生の一人息子
今は隣県で一人暮らし中。

FANZA商品ページより

巨尻妻景子と絶倫スケベ爺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

貧しい・負け犬・ムッツリスケベという救いようのない3M中年、人妻など熟女物を好む。 主に自分が欲しいタイトルをチェックするために巡回する中で、インプットした情報を同好者へ発信・共有するために当ブログを執筆中。 このブログが、少しでも誰かの役に立てれば喜びます。