【レビュー】人妻寝取らせドラマ、クッソエロいSEX!カメラアングルも最高

エロい、セックスシーンがマジエロい。四十後半オッサンでも連続2度ヌキしてしまうような、エロい絡みを抜群のカメラアングルで見せる寝取られNTR作品。

セリフは棒読みで全くだけど、セックスがはじまると本気でやってんじゃないの?と錯覚するような、最上級のセックスシーンを楽しめる寝取られエロドラマ。とにかく女優のセックス演技がいい、これはヌケル、てか、まじで抜いた。

タイトルは「ねとらせていた妻が本当にねとられてしまった。後悔のNTR 加藤みゆ紀

マドンナからFANZA独占作品として配信されているこの作品、寝取られ趣味の旦那が妻を寝取らせているうちに、モノホンの猛者が現れ妻はチンポ堕ち、奪われてしまうというストーリー。

NTR趣味を持つ旦那にとって、最も不安というか心配してしまうシチュエーション。子宮が堕ちれば心も堕ちる、まさに女の怖さを思い知らされる作品だ。

旦那に見守られながら、他人棒を受け入れる妻。

冒頭からいきなり宅配業者を誘惑しての寝取られシーン、さらに旦那への濃厚フェラチオへと続いて行く。このフェラチオシーンがとにかくエロい、チュパチュパと音をたてながら、玉を吸いながら、パイズリも交えてさらに舐める、咥える、吸う、しごく、とにかく濃厚なロングフェラチオシーン。

ココだけでも抜けるくらいの濃密さと、抜群のカメラワーク。

旦那の精子を胸で受け止め、存分に搾り取った後、夫婦で床に就くシーンに移る。ここで旦那から次の相手だとさえない中年男の画像を見せられ、次の寝取られはこの男に妻を責めさせると宣言。困惑する妻だが……

カメラワークが秀逸

週末になり寝取り役の男がやって来る、そのまま旦那の目の前でセックスをさせられる妻。

中年男はねちっこく、とにかくネチネチと女の体を責め立て、こらえきれずに身を悶えさせて感じる妻。旦那の目の前という事もあり、恥じらいと押し寄せる快楽に抗う姿が見事に演じられている。

仰け反り、突き出されたオッパイが……

男の責めは尋常ではなく、押さえたいのに抑えきれない快楽の波、足の指先にまで力が入る。挿入後は抗いながらも絶頂を迎えるうちに、堪え切れずにはしたない本気セックスへ。上に跨らされ、戸惑い気味に腰を動かし始めるのだが、やがて快楽に抗えず叩きつけるような激しく上下に腰を叩きつける動きへと変わっていき、やがて串刺しチンポで絶頂、体を震わせるシーンは最高だった。

羞恥に戸惑い顔をしかめながら旦那への遠慮からか快楽に抗い、何度か絶頂を迎えるうちに快楽に溺れて行く。この流れがとてもリアルに演じられている。

この胸、腰、ヒップのライン。色っぽいねぇ

いきなり相性抜群の本気セックスを繰り広げた中年オヤジ、この寝取りっぷりを大いに気に行ったのは以外にも旦那だった。妻が本気でよがり、喘ぎ、絶頂する姿に大興奮。毎週末には自宅に招き、妻を寝取らせることになる。本当にどうしようもない性癖だ。

しかしこのオヤジ、なかなかの曲者。ついには約束のない日に妻の元へ押しかけ、旦那に内緒のセックスをしてしまう。「俺の女になれよ」などと囁きながら、旦那が帰る時間の直前までひたすらヤリまくりのイカせまくり。

本気じゃないかと錯覚するリアルな絶頂シーン。

ある日、寝取り役の男が旦那に提案する「二人だけでセックスさせてくれないか……」と。

旦那はカメラで撮影することを条件に了承、夫婦の寝室で二人きりの本気セックスがはじまる。執拗なクンニに悶える妻、膝立ちになった男の乳首を吸いながらチンポを手コキ、お互いを十分に愛撫しあいながら激しいセックスへ。

とにかくエロい、セックスシーンの演技がとてつもなくエロい、その演技を見事にとらえるカメラ。

そして最後のシーン、ビデオのなかで「セックスが気持ちいいのでこの人について行きます」という妻のセリフ。寝取らせ趣味の旦那は、妻をそのまま寝取られてしまうのだった。

ねとらせていた妻が本当にねとられてしまった。後悔のNTR 加藤みゆ紀

総評
ドラマ仕立てのAVだが、絡みシーンが非常に多い作品。旦那と妻の生活シーンなどが省かれている分、セックスの中で妻が戸惑い、抗い、堕ちていくという過程をセリフなしで見事に演じている。
セリフのシーンはほぼ棒読み状態、あまり上手とは言えないが、セックスで全てを語る見事な演技。
カメラワークも良く、プレイの内容もエロい。寝取られもの特有の、少し影のある背徳的な雰囲気もあって抜きどころの多い作品だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

貧しい・負け犬・ムッツリスケベという救いようのない3M中年、人妻など熟女物を好む。 主に自分が欲しいタイトルをチェックするために巡回する中で、インプットした情報を同好者へ発信・共有するために当ブログを執筆中。 このブログが、少しでも誰かの役に立てれば喜びます。