いい男の見分け方に学ぶ、モテる男とはどんな奴なのか。

本当にいい男とは何か、どんな男になればモテるのか。なんだかんだで外見が99%だと思うんだけどね。ダサい男とイケメンを比べれば、当然みんなイケメンに興味を引かれるわけで、ダサい男はいくら内面が良くても知ってもらう機会すら与えられないのが現実。

キモイ、生理的に受け付けない……今日も元気に鬱だ。

画像:Pexels

とはいえ鬱になっていても何も始まらないわけで、ダサくても全くチャンスが無いわけじゃないという願望に全てをかけるしかない。訪れるかどうか分からない、もし訪れたとしても数少ないチャンスになるだろう。

だからこそ、男とは何かを学んで自分を磨いてかねばならない。チンポばかり磨いてもだめなのだ。

そもそも外見以外で、いい男ってどんな奴なのよ。

自分自身でダサいオヤジと自覚している私、そもそもいい男というのがどんな男なのかが分からない。分からなければググるべし、さすがインターネッツ、それっぽいサイトがヒットしてきた。

まず最初に見つけたのがコレ「本当の意味で“いい男”の見分け方!-ALL About」

いい男の条件として以下の4つのポイントをあげている。

  1. 威張らない人
  2. 負け方がうまい人
  3. 寛容な人
  4. 自分のために自分を磨ける人

具体的に言うと、人に対して偉そうな態度をとらない(店員にタメ口で偉そうにするやつは最悪)で、自分より優れた人をリスペクトして自らの糧とし、さらに懐が深く寛容で怒らない、そして自分の為に自分磨き(チンポではない)をしている人。

とまあ、そんな感じの男がいい男なのだそうだ。

続いてもっと多くの項目をあげているのが「一流の「いい男」とは。周りを魅了する15の条件と特徴-Smartlog

このサイトではAll Aboutの3倍以上、15もの条件が記されている。

  1. 断るときはキチンと断る
  2. モチベーションで仕事しない
  3. 頭の中の8割が仕事、2割が大切な人
  4. 家族を大切にしている
  5. 相手の時間を大切にしている
  6. 気遣いが出来る
  7. いつも自分に素直
  8. 常に高い目標を意識している
  9. 自分の軸はぶれない
  10. 愚痴を漏らさない
  11. 誰にでも平等に接する
  12. 聞き上手
  13. 本当に辛い経験をたくさんしてきた
  14. 優しさを安売りしない
  15. 相手に見返りを求めない

って、なんじゃこりゃ?いや、かなり突っ込みたくなるね。

例えば自分の軸はぶれないとか、いつも自分に素直とか、これただ頑固で我儘なやつじゃん。TPOに合わせて素直に自分を出したり相手を立てたり出来たほうがいいし……自分の軸というけども、間違えたと思ったら大胆に軸ごと方向転換できるような柔軟性はあったほうがいいと思うけどね。

世の中には自分が知らない事の方が多いんだから、恥をかいて「あっ違った」と気付いて反省……なんてよくあること。

とりあえずアレだね、いい男なんて結局のところ人によって違うという事じゃないかな。とりあえずモテる男になるためには、イケメンになるか金持ちにさえなれば全て解決しそうな気がする。まあムリだけど……

結局、私はいい男になれないという事がわかった。それだけでも大きな収穫だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

貧しい・負け犬・ムッツリスケベという救いようのない3M中年、人妻など熟女物を好む。 主に自分が欲しいタイトルをチェックするために巡回する中で、インプットした情報を同好者へ発信・共有するために当ブログを執筆中。 このブログが、少しでも誰かの役に立てれば喜びます。