【新着】「高嶺の人妻・前編」寝取り感の演出をしっかり書き込んだ同人コミック

PTAの父兄同士の不倫ストーリー、どこにでもありそうな話だけにリアルな浮気のお話。寝取り感を出すために、表情などもしっかり書き込んだという力作。

今回紹介するのは、2018年10月3日に発売された「かみなりうさぎ」の作品。

タイトルは「高嶺の人妻 前編

柔らかいタッチで描かれている絵だが、その描写はかなりエロい。作者の作品紹介によると、女性の体はもちろんの事、寝取り感を演出するために男性の体や表情までしっかりと書き込んだ作品。

リアルなセックスを演出するために、キスやフェラ、会話シーンを重視した表紙を含む全93ページ。

我儘で子供っぽい旦那と責任感が強く、優しい奥さん。そこへPTAの会長を変わってくれた少し頼りなさそうな、娘の同級生の父親。

胸クソ悪い旦那のせいで無理を押し付けてしまった妻と、少しさえない青年との不倫が展開していく。暴力的な表現や不快になるような表現は極力排除。

「あくまでも心理的な寝取りストーリー」ということで、ただエグイセックスシーンで見せるのではなく、しっかりとしたストーリーで楽しませるお話。背景や心理描写を省略し、セックスシーンだけで見せる作品が多い中で、かなり期待できるのではなかろうか。

高嶺の人妻 前編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

貧しい・負け犬・ムッツリスケベという救いようのない3M中年、人妻など熟女物を好む。 主に自分が欲しいタイトルをチェックするために巡回する中で、インプットした情報を同好者へ発信・共有するために当ブログを執筆中。 このブログが、少しでも誰かの役に立てれば喜びます。