【レビュー】妻が同僚に寝取られる!平野里実「夫のため、私が一度だけ我慢すれば…」ながえSTYLE

背徳的で淫靡な人妻寝取られエロドラマに定評がある「ながえSTYLE」のシリーズ作品、「愛する夫のため、私が一度だけ我慢すれば…」の平野里実主演バージョン。

スタイルがよく美形の人妻が、仕事で失敗した夫を助けるために「自ら」同僚に抱かれるというストーリー。

愛する夫のため、私が一度だけ我慢すれば… 夫の同僚に幸せな家庭が壊された 平野里実

パッケージを見てもらえば分かるけども、正面からみた平野里実さんがとにかく美人。しかも演技がウマく、セリフがさまになっているというか、ドラマ風のAVではなくマジでドラマになっている。

最初は家族団らんシーンからのスタート、仲睦まじい夫婦と素直で優しい息子。まあ、アダルトだけに本当の学生は出せないから、息子役男優の年齢と見た目は……そこは脳内変換が必要。

こういった日常のシーンがあるからこそ、この奥さんが脱がされ嬲られるエロシーンが生きてくるというもの。日常から非日常へ、そして異常な日常へ、幸せな家庭が壊れていく。

幸せな家庭に忍び寄る悪意。夫は対立する同僚の罠にハメられ、会社に大きな損害を与えてしまう。結果、夫は左遷となりエリートから転落、初めての挫折を味わい家庭の雰囲気も暗くなっていく。

そこへ夫をハメた同僚が自宅を訪れ妻に告げる。

「私なら助けることが出来る、ただ無償でってことはできない。」

「出来る限りのことはさせていただきます……」

「あなたを抱きたい」

当初は拒絶する妻、だが男は弱みを突きつけ畳みかける。家のローン、息子もお金がかかる、夫も助けられる……と。

同僚からの申し出を拒み切れず、自ら抱かれる事を決意する妻。

「あ~ゆめみたいだ……」

嫌らしく妻の体をまさぐる中年男の手、女優も男優も演技が非常に良く緊張感のある背徳的なエロシーンが展開していく。

ねちっこい攻め、ゆっくりと快楽が押し寄せてくる

快楽に抗いながらも耐えられず息を荒げる妻、いやらしく、ゆっくりと、嬲るように愛撫する男。

声を殺しながらテーブルクロスを鷲掴みし、必死でこらえる姿の演技が秀逸。しかし執拗な愛撫の前に肉体が耐え切れず、悲しい叫びをあげる。

夫以外のチンポを咥えさせられ

どうだ、風俗で鍛えた腕は……というセリフにはドン引きだが、すかさず「最低っ!」と言い放つ。このシーンはよかった、俺もこんな綺麗な人に最低と言われたいw

妻の口にチンポを咥えさせ腰をスライドさせる男だが、さすが熟女、上手に男に合わせチンポをさばいている。夫婦生活をしっかりしている人妻ならこれくらいできるからね、なんだか妙にリアル。

夫婦だけの愛の巣へ踏み込む卑劣な男

キッチンでの行為「ココでいいでしょ」という妻、しかし男は夫婦の寝室へ連れていく。夫との愛を育んでいたベッドの上での強烈なクンニ、執拗な愛撫からチンポを咥えさせる。

執拗な愛撫にもはや抵抗できず、生挿入を許す妻

ゴムつけて、お願い、ゴムつけて……妻の懇願もむなしく、無言で突き入れられる夫以外のペニス。

必至で抵抗していた心を、快感がへし折り声をあげる妻

挿入シーンは正常位とバック。

卑怯な男の前で無様を晒すまいと頑張る妻、必死で声を抑えようとするも抑えきれず時おり漏れる喘ぎ声。ありきたりなAVのように甲高い声で「アンアンキモチイー、オマンコイクー」ではなく、真に迫った切迫感のある喘ぎがとてもリアル。

耐える妻、健気な女の意地。だが激しいピストンの前には無力、遂に決壊したように喘ぎ始める。

「ぐっ、あぁっ、ヴぁぁっ、あぅっ」

快楽に耐え切れず、もうやめてと懇願する妻を無視して激しく責め立てる。

何度もどっちがいいと聞く男、答えるからもうやめて……

男の責めは更に激しさを増し、夫以外の男の手で堕とされる事に恐怖を感じた妻。

「お願いだからはやくイッて」

何度も何度も繰り返すも、何度も何度も何度も、息を意を増して叩き込まれる他人チンポ。押し寄せる快感から逃れようとする健気な妻だったが、ついに体が屈服、女の喜びを知った体はもう止まらない。

屈辱的なセックスで堕とされていく過程が見事に表現されているこのセックスシーン、後半は早送りなしのノーカットで見て欲しい。まじで秀逸だから。

「このことを旦那に言ったら、刺すから。」

心をとりもどした妻による最後の抵抗、しかし体はもう……

ある日、再び訪れた夫の同僚。心は拒むが体が屈服しているために、なし崩し的に相手を受け入れる。そして帰宅した息子に、自宅でセックスしている行為を見られてしまう。

母に気づかれないように自宅から出た息子は、自宅前の公園ですることもなく時間を潰すことに。さすがに他の男とセックスしている母がいる家には帰れないのだろう。

完全に他人チンポの虜となった妻。

昼間から痴態を晒し、快楽チンポに酔いしれる。

そこへ帰ってきた旦那、自宅前にいる息子に対して家に入ろうとしない理由を尋ねると……

「まだ帰らないほうがいいと思うよ、母さんが浮気してる」

「今日もその男が来てる。だから、帰らないほうがいいよお父さん。」

そのまま再び寝室でのセックスシーンでエンディング。

愛する夫のため、私が一度だけ我慢すれば… 夫の同僚に幸せな家庭が壊された 平野里実

総評
とにかく女優の「平野里実」の演技が秀逸。背徳的なセックス、卑劣な男の行為に対して抵抗しながらも抑えきれず、最後に決壊したようにイキ狂う女の悲しい性を見事に表現している。

ストーリーはありきたり、全体的に滋味な雰囲気のある作品だが、だからこそ映し出される淫靡で背徳的な世界。本能がより強い男の精子を欲してしまう、心とは裏腹に……女の業がよく表現された作品だった。

セックスシーンは最初のセックスが秀逸、子供役の見た目がアレだけども気になるほどじゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

貧しい・負け犬・ムッツリスケベという救いようのない3M中年、人妻など熟女物を好む。 主に自分が欲しいタイトルをチェックするために巡回する中で、インプットした情報を同好者へ発信・共有するために当ブログを執筆中。 このブログが、少しでも誰かの役に立てれば喜びます。